FX 失敗
ホーム > 検索結果

タグ「逆張り」が付けられているもの

RCIをスキャルピングに活用

RCIをスキャルピングに活用

(公開: 2014年3月11日)

スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation Index」の略で、日本語では順位相関係数と呼ばれるもの。為替レートの売られ過ぎ・買われ過ぎを調べるオシレーター系のテクニカル指標として、多くの…


長い足のトレンド方向にエントリー

長い足のトレンド方向にエントリー

(公開: 2013年4月21日)

小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしまうという方も多いのだとか。 しかし、このように思いつきやカンに頼ってエントリーをしていると、当然のことながら勝ちをどんどん減らしてしまい、資…


ストキャスティクスをスキャルピングに活用

ストキャスティクスをスキャルピングに活用

(公開: 2013年4月21日)

ストキャスティクスとは、1950年代にジョージ・レイン氏によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーター系指標の特徴である「売られ過ぎ・買われ過ぎ」のサインを出してくれるこのストキャスティクスは、主にトレンドのない相場で売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断する逆張りのテクニカルツールと…


逆張りとは?

逆張りとは?

(公開: 2012年6月 6日)

2012年3月、AIJ投資顧問が、厚生年金基金などから預かった年金資産を、「逆張り」の手法で運用し、結果的に多額の損失を出したという問題が起こりました。とはいえ、社員全員が逆張りの手法ばかりを使っていたのではなく、順張りで堅実に利益を上げていた社員もいたそうです。 そもそも「逆張り」とは、相場のト…


1