FX 失敗
ホーム > 検索結果

タグ「レバレッジ」が付けられているもの

スキャルピングは勝率が重要

スキャルピングは勝率が重要

(公開: 2014年3月21日)

デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要になるのでしょうか? スキャルピングはそもそも、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、一日のうちに何度も取引を行うというトレード方法。ポジ…


デイトレードをやればやるほど資金が減り続けるトレーダー

デイトレードをやればやるほど資金が減り続けるトレーダー

(公開: 2012年12月29日)

デイトレードというのは「保有したポジションをその日のうちに決済する」という方法です。相場の値動きは1日で何十円もの値幅を記録することはまずなく、数十銭~数円の値幅のことが多いです。そのためハイレバレッジでの取引で利益を上げようとするデイトレーダーが多いです。 デイトレーダーのうち利益を上げているの…


根拠のない自信と勘で投資することの危うさ

根拠のない自信と勘で投資することの危うさ

(公開: 2012年12月26日)

「相場が動く」のには理由があります。その理由を分析することで、単なる「勘」に頼ったトレードより、大幅に勝率を上げることができます。 しかし実際には、サイコロを振るようなトレードを繰り返している人も多いです。「なんとなく上がりそうだから」という理由で投資をして、実際の相場の値動きが思い通りにならなか…


元金が半分以下に落ち込んで冷や汗

元金が半分以下に落ち込んで冷や汗

(公開: 2012年7月16日)

FXを続けていく上では「損失を許容範囲に収める」ことが重要だと言われています。ストップラインを定め、逆指値注文を入れておいて、損失が拡大しないようにする手法をとる人も多いでしょう。 よくある失敗例としては「ストップロスにかかるのが嫌だから、ストップラインを下げていき、結局は元金が半分以下に...」…


スキャルピングでポジションを手放せずに強制ロスカット

スキャルピングでポジションを手放せずに強制ロスカット

(公開: 2012年7月 9日)

スキャルピングとは、数秒~数十秒でポジションの保有から決済までを終わらせる手法です。数秒~数十秒という短時間では、相場の値動きは数銭~数十銭がせいぜいですので、レバレッジをできるだけかけることになりますし、保有する通貨の数も考えなければなりません。 高いレバレッジをかける分、ポジションをできるだけ…


2012年、個人投資家が動き始めています

2012年、個人投資家が動き始めています

(公開: 2012年5月 5日)

2011年には、東日本大震災の影響やレバレッジ規制もあって、投資家のFX離れが進みました。2011年は「何も手につかなかった」という方も多いでしょう。そのような精神状態で投資をしたところで、利益は上がらず損失を拡大するリスクばかりが、膨らんでしまいますので「休む」ということを決断した個人投資家は、…


取引中のリスクにはどんなものが?

取引中のリスクにはどんなものが?

(公開: 2012年5月 1日)

FXにある程度慣れてきた方が気になるのは「為替変動リスク」です。為替レートが予想通りに動いてくれればいいのですが、予想と違う動きをしたときには、損失を被ってしまいます。また、24時間にわたり世界のどこかで取引が行われているFXの世界では、投資家が眠っている間や休日なども為替レートが動き続けています…


ハイレバレッジが失敗につながる理由

ハイレバレッジが失敗につながる理由

(公開: 2012年4月13日)

FXの人気が高まった理由として「少額の投資資金で始められる」ということがありますが、これはレバレッジと言う仕組みがあるからです。レバレッジには「てこ」という意味があります。「てこ」は、小さな力を出すだけで、大きな効果を上げることができますよね? FXにおけるレバレッジとは「証拠金に何倍の倍率をかけ…


外貨預金は手数料が高い

外貨預金は手数料が高い

(公開: 2012年3月27日)

最近は、外貨預金を扱う金融機関が増えて、銀行からのダイレクトメールを目にする機会も多くなりました。外貨に限らず「銀行に預ける」ことのメリットは「お金が守られる、安心感がある」ということです。 しかし、「投資」という側面から見ると、銀行への外貨預金は手数料がかなり高く、効率の良さは感じられません。そ…


1