FX 失敗
ホーム > 検索結果

タグ「ストップロス」が付けられているもの

楽観視して相場が戻ってこずにストップロス

楽観視して相場が戻ってこずにストップロス

(公開: 2012年12月23日)

FXで失敗する人はやりがちですが「今は相場が下がっているけれど、どうせすぐに回復するだろう」という思いから、ポジションを手放さずに損失が膨らんでいく...という事態は、投資家であれば一番避けなければいけません。 かの有名なリーマンショックを事例に挙げてみましょう。2008年8月に米ドル、豪ドルなど…


意味不明なサーバーエラーで失敗・大損

意味不明なサーバーエラーで失敗・大損

(公開: 2012年7月 5日)

FXで怖いのは「相場が急に動く」ことです。自分の持っている通貨の価値が数秒で激減する現実を目の当たりにすると、否が応でもリスクの許容範囲を見極め、ストップロスの設定をしっかり入れたくもなります。 ただ、本当に怖いのは「注文が殺到するときほどサーバーエラーが起こりやすい。注文が通りにくい」ということ…


2012年6月の重大イベントが相場に与える影響

2012年6月の重大イベントが相場に与える影響

(公開: 2012年6月16日)

6月1日に米雇用統計が発表され、これもとても重要なイベントではありましたが、ほかにも数々のイベントが予定されていたのが2012年6月です。 アメリカの経済指標としては、4日に「4月製造業受注指数」が発表され、5日には「5月のISM非製造業景況指数」が、6日にはベージュブック地区連銀経済報告の発表が…


深刻なスペイン問題。スペインは今、どういう状況にある?

深刻なスペイン問題。スペインは今、どういう状況にある?

(公開: 2012年6月15日)

スペイン問題とは「スペインの景気が後退していること」「銀行の不良債権が増加していること」、この2つが絡み合って、深刻な状況を作り出していることを指します。 2011年の財政赤字対GDP国内総生産比が増大していること、カタルーニャ州政府が資金支援要請を行ったことで「自治州の財政の悪化」が露呈したこと…


雇用統計と注文のスリップページ

雇用統計と注文のスリップページ

(公開: 2012年6月11日)

FXで注意しなければならないことに「スリップページスリップ、滑り」という現象があります。スリップページとは、あるレートを指定して注文を出しているにもかかわらず、やや不利な方にずれたレートで約定してしまう現象をいいます。 たとえば、「1ドル=100円」のとき売るという注文を出していたとき、実際には9…


余剰資金でのFXが有利な理由

余剰資金でのFXが有利な理由

(公開: 2012年4月20日)

FXに限ったことではないのですが「投資をするお金は、失っても生活に困らないお金余剰資金を使いなさい」と言われます。1つの理由は「今日、明日に必要な生活資金を、投資で失ったら困るから」ということです。サラリーマンやOLの方なら「たった今、財布が空っぽになった」というシーンを想像しただけで、真っ青にな…


売買回数は多すぎない?

売買回数は多すぎない?

(公開: 2012年4月12日)

FX初心者が陥りがちな失敗として「とにかく売買をしていないと落ち着かない」「投資チャンスには全部乗らなければ気がすまない」ということがあります。ただ、投資の世界には「機会は短く、待つは長い」という言葉があるように、本当の投資チャンスというのは限られています。 OLやサラリーマンでFXを始めたばかり…


1