FX 失敗
ホーム > 検索結果

タグ「スキャルピング」が付けられているもの

スキャルピングは勝率が重要

スキャルピングは勝率が重要

(公開: 2014年3月21日)

デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要になるのでしょうか? スキャルピングはそもそも、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、一日のうちに何度も取引を行うというトレード方法。ポジ…


RCIをスキャルピングに活用

RCIをスキャルピングに活用

(公開: 2014年3月11日)

スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation Index」の略で、日本語では順位相関係数と呼ばれるもの。為替レートの売られ過ぎ・買われ過ぎを調べるオシレーター系のテクニカル指標として、多くの…


「TURBO FX」の感想と実践レビュー

「TURBO FX」の感想と実践レビュー

(公開: 2014年3月 7日)

スキャルピングが大好きな方にイチオシの「TURBO FX」。短時間で大きな利益につながるスキャルピングにおいては、取引のタイミングがとても大切ですよね。TURBO FXは、売買のタイミングが矢印で表示される優秀なインジケーター。取引のタイミングか分からない方や、見逃がしたくない方にとっては、このイ…


「FXスキャルピング ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 」の感想と評価

「FXスキャルピング ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 」の感想と評価

(公開: 2014年2月24日)

無限の可能性を秘めているスキャルピングの世界を、やや中級者向けに解説してくれるのが、「FXスキャルピング ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門」です。メリットとデメリットを正しく理解することで、取引においても確実に利益につなげる行動を起こすことができるようになるというのが、この…


エントリーと同時に逆指値を入れる

エントリーと同時に逆指値を入れる

(公開: 2013年4月21日)

スキャルピングでは、1回のトレードで得られる利益が小さいため、トレードを重ねて利益を大きくする必要があります。しかし、ロスカットの設定をあいまいにしていたり適当に考えていたりすると、せっかくトレード回数を重ねて得た利益が一度の損失ですべてなくなってしまう可能性があります。そのため、ロスカットは徹底…


長い足のトレンド方向にエントリー

長い足のトレンド方向にエントリー

(公開: 2013年4月21日)

小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしまうという方も多いのだとか。 しかし、このように思いつきやカンに頼ってエントリーをしていると、当然のことながら勝ちをどんどん減らしてしまい、資…


ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用

ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用

(公開: 2013年4月21日)

スキャルピングで勝率を上げるためには、ボリンジャーバンドを活用することもかなり有効的です。ボリンジャーバンドとは、John Bollinger氏が開発したテクニカル指標のことで、今後の相場のレンジ(値幅)や反転を判断するための重要なもの。 具体的には、一本の移動平均線を引いてこれをバンド(帯)の中…


RSIをスキャルピングに活用

RSIをスキャルピングに活用

(公開: 2013年4月21日)

RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「相対力指数」と訳されるこのRSIは、為替相場が現在「買われ過ぎ」の状態なのか、あるいは「売られ過ぎ」の状態なのかを見極めるために使われるオシ…


MACDをスキャルピングに活用

MACDをスキャルピングに活用

(公開: 2013年4月21日)

「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」と訳されるテクニカル分析の一種。マックディーとも呼ばれ、トレンドが発生している場合に威力を発揮。スキャルピングにおいてもトレンド発生時にこの…


平均足をスキャルピングに活用

平均足をスキャルピングに活用

(公開: 2013年4月21日)

平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均足は、ローソク足を修正したもの。 平均足は、実体と呼ばれる長方形が1本前の平均値から始まり最新の足の平均値で終わります。1本前の足の平均値を…


2