FX 失敗

繰越控除はどこまで可能か

繰越控除はどこまで可能か

2012年分からガラリとかわってしまったFX税制。それまでネットFXなど取引所取引しか行っていない人なら、これまでと確定申告もまったく同じなので問題ありません。しかし、これまで店頭取引のみをしていた人や店頭取引と取引所取引を同時に行っていた人、しかも、過去の繰越控除を抱えている人などは、この税制の変更にどのように対応したらよいのでしょうか?

もともと店頭取引で行っていたFX取引の差益や差損は、取引所取引の差益や差損とは全く別のカテゴリーに分類されていたため、店頭取引で差損を出した場合でも、取引所取引で出た差益と相殺することはできませんでした。しかし、税制の変更によって、店頭取引の差益・差損も取引所取引の差益・差損も同じ差益・差損として相殺することが可能になります。

3年間の間で繰越控除をすることが可能に

その年のFX収支が差損だった場合には、翌3年間の間で繰越控除をすることが可能です。税制が変わったことで、過去の店頭取引ですでに生じている差損はどう取り扱われるのか、という点が気になる人も多いと思います。

店頭取引ですでに生じている差損については、税制の変更によって、過去3年にさかのぼった範囲で繰越控除がある場合には、店頭取引・取引所取引の形態に関係なく、損失繰り越しが可能になりました。

繰越控除の一例

例えば、2010年の取引所取引におけるFX収益が100万円の損失だったとしましょう。2011年に同じ取引所取引によって収益50万円を出すと、この段階でトータルは損失50万円ということになります。

2012年に店頭取引で収益30万円を出し、取引所取引で損失10万円を出してしまった場合には、2012年分だけで差益20万円になり、これを過去の損失50万円と相殺して、2012年の最終的なFX取引は差損30万円ということになります。

仮にFX税制が今までのままだった場合には、2012年に出した店頭取引による差益30万円は、これまでの損失と混ぜてしまうことはできませんから、2012年分の申告分離課税では差損60万円という申告額になります。

スポンサードリンク


関連記事

FX確定申告と国民健康保険
FX取引で利益が出た場合、確定申告することによって翌年の国民組健康保険の料金がアップすることがあります。これは、国民健康保険料の計算が前年度の収入をもとにして...
夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ
夫がサラリーマンで妻が専業主婦。そんな夫婦が共同の趣味や副業としてFX取引を行うことは珍しくありません。しかし、妻が専業主婦であるということは、夫の扶養家族に...
FX税制の変更
2013年からFX税制が変更されていることはご存知ですか? 2011年分所得までは、FXで出した利益や損失については、店頭での取引とネットなどの取引所取引とで...
繰越控除はどこまで可能か
2012年分からガラリとかわってしまったFX税制。それまでネットFXなど取引所取引しか行っていない人なら、これまでと確定申告もまったく同じなので問題ありません...
FX取引の経費とは
FX取引においては、取引にかかった必要経費を、最終的な利益から相殺することができます。100万円の利益を出し、そのうち必要経費に10万円かかっていたとすると、...
FX取引で無税?
「FX取引で利益が出たけれど、利益が20万円以内だから税金がかからない」 と思い込んでいる人は少なくありません。確かに、FX取引による利益が20万円以下の場合...
サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある
サラリーマンとして勤務先から給与所得を得ている場合には、FX取引によって利益を出した場合でも、その利益の金額が年間20万円を超えない限りは確定申告する必要はあ...
専業主婦のFX取引で気を付ける点
確定申告の季節になると、毎年決まって「妻が扶養家族から外れてしまった!」という悲鳴があちこちから聞こえてきます。サラリーマンとして給与所得をもらっている夫の扶...
確定申告で節税対策はできるか?
FX取引の才能がある人なら、それだけを専業にしている専業トレーダーに転身する人も少なくありません。専業トレーダーになると、FX取引で得たすべての収入も損失も、...
税制の変更によるメリット
これまでは、FX取引の税制によって、いろいろな節税を強いられてきた人も多いのではないでしょうか。2012年分からの確定申告では、FX取引による税制が大きく変更...