FX 失敗

サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある

サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある

サラリーマンとして勤務先から給与所得を得ている場合には、FX取引によって利益を出した場合でも、その利益の金額が年間20万円を超えない限りは確定申告する必要はありません。

しかし、誰でも必ず該当するわけではないので気を付けなければいけません。

確定申告が必要になるケース

FX取引以外の部分で大きな出費をしたりして還付金の申告をする場合など、FX取引とは関係なく確定申告する場合には、サラリーマンでもFX取引の利益の金額に関わらず、確定申告を行うことが必要です。マイホームを購入したり、出産などで医療費が多かった年などは、サラリーマンでも税務署に足を運んで確定申告を行いますよね。その場合には、そのほかの所得もすべて確定申告で報告することになります。金額に関係なく報告する義務が発生するので、気を付けてくださいね。

「なぜ、その年によって変わるのか?面倒だ!」と思いませんか?

確かにそうかもしれません。しかし、税務署にとっては、本来ならサラリーマンの副業で得たわずかな収入でも、確定申告させれば課税できるのですから、それが国の収入にもつながります。しかし、そういう制度にしてしまうと、税務署の仕事が追い付かなくなってしまいます。そこで、「FX取引の利益が20万円以下で、ほかに申告するものが何もない場合には、申告しなくても良いでしょう」という軽減措置が取られているのです。

他にも確定申告が必要になるケースはたくさんある

「出費が多かった年だけFX取引の利益も申告しなければいけない」のではなく、普段の確定申告では、給与所得を得ているサラリーマンかつFX取引による利益が20万円以下という条件を満たすことによって、確定申告が免除されているというわけです。

マイホーム購入や出産による医療費の支払いなどは一般的な例ですが、その他にも確定申告が必要になるケースはたくさんあります。サラリーマンでFXの利益が20万円という条件に当てはまっているからと言って、それだけで確定申告が不要になるというわけではないので注意する必要があります。

スポンサードリンク


関連記事

FX確定申告と国民健康保険
FX取引で利益が出た場合、確定申告することによって翌年の国民組健康保険の料金がアップすることがあります。これは、国民健康保険料の計算が前年度の収入をもとにして...
夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ
夫がサラリーマンで妻が専業主婦。そんな夫婦が共同の趣味や副業としてFX取引を行うことは珍しくありません。しかし、妻が専業主婦であるということは、夫の扶養家族に...
FX税制の変更
2013年からFX税制が変更されていることはご存知ですか? 2011年分所得までは、FXで出した利益や損失については、店頭での取引とネットなどの取引所取引とで...
繰越控除はどこまで可能か
2012年分からガラリとかわってしまったFX税制。それまでネットFXなど取引所取引しか行っていない人なら、これまでと確定申告もまったく同じなので問題ありません...
FX取引の経費とは
FX取引においては、取引にかかった必要経費を、最終的な利益から相殺することができます。100万円の利益を出し、そのうち必要経費に10万円かかっていたとすると、...
FX取引で無税?
「FX取引で利益が出たけれど、利益が20万円以内だから税金がかからない」 と思い込んでいる人は少なくありません。確かに、FX取引による利益が20万円以下の場合...
サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある
サラリーマンとして勤務先から給与所得を得ている場合には、FX取引によって利益を出した場合でも、その利益の金額が年間20万円を超えない限りは確定申告する必要はあ...
専業主婦のFX取引で気を付ける点
確定申告の季節になると、毎年決まって「妻が扶養家族から外れてしまった!」という悲鳴があちこちから聞こえてきます。サラリーマンとして給与所得をもらっている夫の扶...
確定申告で節税対策はできるか?
FX取引の才能がある人なら、それだけを専業にしている専業トレーダーに転身する人も少なくありません。専業トレーダーになると、FX取引で得たすべての収入も損失も、...
税制の変更によるメリット
これまでは、FX取引の税制によって、いろいろな節税を強いられてきた人も多いのではないでしょうか。2012年分からの確定申告では、FX取引による税制が大きく変更...