FX 失敗

専業主婦のFX取引で気を付ける点

専業主婦のFX取引で気を付ける点

確定申告の季節になると、毎年決まって「妻が扶養家族から外れてしまった!」という悲鳴があちこちから聞こえてきます。サラリーマンとして給与所得をもらっている夫の扶養家族となっている主婦の場合には、パートをした場合でも、FX取引で利益を出した場合でも、扶養家族というステータスを保持するためには、一定のラインを越えてはいけません。

これは、扶養家族になっている人なら、配偶者だけではなく、学生をしている子供でも、両親の扶養家族となっている独身成人の場合にも該当します。

それでは具体的に、年間いくら以上の利益を出してしまったら、扶養家族から外れてしまうのでしょうか?

扶養家族から外れるライン

もちろん、ラインはケースバイケースで微妙に前後すると思いますが、一般的には年間38万円のラインと言われています。年間の利益が33万円を超えると、住民税などの地方税がかかってきますが、所得税はまだかかりません。しかし、利益が38万円を超えると、専業主婦が扶養家族の枠から外れてしまうため、家庭にとってはあらゆる部分で大きな出費や負担が発生してしまいます。

・扶養家族から外れると、国民健康保険を自分自身が持たなければいけなくなる。
・配偶者の職場から支給される扶養家族手当などにも影響する。
・扶養家族の有無や数によって所得税なども変わるため、配偶者の税金が増える。
・専業主婦の所得に対して所得税が押しかかるため、公的負担がガクンと増える。

趣味の延長でFX取引をするなら扶養家族を維持

専業主婦でFX取引を楽しんでいる人の中には、夫よりも稼ぐつもりで頑張っているから、扶養家族でいることはそれほど大切な問題ではないという人もいたりします。しかし、趣味の延長でFX取引をしている人にとっては、扶養家族を維持しながら、可能な範囲で利益を得ることは、とても大切なことですよね。

利益を出して扶養家族から外れてしまってからでは、後の祭りになってしまいます。そうなる前に、扶養家族から外れないための工夫を行う必要があります。

スポンサードリンク


関連記事

FX確定申告と国民健康保険
FX取引で利益が出た場合、確定申告することによって翌年の国民組健康保険の料金がアップすることがあります。これは、国民健康保険料の計算が前年度の収入をもとにして...
夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ
夫がサラリーマンで妻が専業主婦。そんな夫婦が共同の趣味や副業としてFX取引を行うことは珍しくありません。しかし、妻が専業主婦であるということは、夫の扶養家族に...
FX税制の変更
2013年からFX税制が変更されていることはご存知ですか? 2011年分所得までは、FXで出した利益や損失については、店頭での取引とネットなどの取引所取引とで...
繰越控除はどこまで可能か
2012年分からガラリとかわってしまったFX税制。それまでネットFXなど取引所取引しか行っていない人なら、これまでと確定申告もまったく同じなので問題ありません...
FX取引の経費とは
FX取引においては、取引にかかった必要経費を、最終的な利益から相殺することができます。100万円の利益を出し、そのうち必要経費に10万円かかっていたとすると、...
FX取引で無税?
「FX取引で利益が出たけれど、利益が20万円以内だから税金がかからない」 と思い込んでいる人は少なくありません。確かに、FX取引による利益が20万円以下の場合...
サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある
サラリーマンとして勤務先から給与所得を得ている場合には、FX取引によって利益を出した場合でも、その利益の金額が年間20万円を超えない限りは確定申告する必要はあ...
専業主婦のFX取引で気を付ける点
確定申告の季節になると、毎年決まって「妻が扶養家族から外れてしまった!」という悲鳴があちこちから聞こえてきます。サラリーマンとして給与所得をもらっている夫の扶...
確定申告で節税対策はできるか?
FX取引の才能がある人なら、それだけを専業にしている専業トレーダーに転身する人も少なくありません。専業トレーダーになると、FX取引で得たすべての収入も損失も、...
税制の変更によるメリット
これまでは、FX取引の税制によって、いろいろな節税を強いられてきた人も多いのではないでしょうか。2012年分からの確定申告では、FX取引による税制が大きく変更...