FX 失敗

夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ

夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ

夫がサラリーマンで妻が専業主婦。そんな夫婦が共同の趣味や副業としてFX取引を行うことは珍しくありません。しかし、妻が専業主婦であるということは、夫の扶養家族になっているわけですから、FXで出した利益の金額によっては、妻の扶養家族の枠が外れてしまうというリスクもあります。

そのリスクを回避するには、どんな方法があるのでしょうか?

欧米では、夫と妻が共同で銀行口座を持つことが可能です。しかし、日本では共同口座という概念はありませんから、夫の口座と妻の口座との2つを使い分けることが一般的です。

FX取引では、積極的にトレードをして利益を出したり損失が出てしまう運用方法もあれば、スワップ金利を利用しながら、少なくても確実に利益を出せる方法などもあります。このうち、大きな利益が出る確率が高いのは、積極的な売買を行うトレード方法。

口座によって投資法を変える

夫と妻の口座では、無税範囲を超えると困る妻の口座では、スワップを利用して地道に利益を出せる投資法が良いのではないでしょうか。いきなり大きな利益が出て扶養家族の枠を超えてしまった、なんてこともほとんどないスワップ取引なら、自分自身で無税の範囲で楽しむことができますし、利益をコントロールしやすいというメリットもあります。ただし、スワップ金利を利用した投資は、取引を決済する段階で必ず課税対象となるので注意が必要です。

一方、利益が多くなれば確定申告でその金額を申告すれば良いだけの夫の口座は、積極的に売買を行って、取引で大きな利益につなげる投資がおすすめです。

内緒のFX投資は危険

自分のお小遣いを稼ぐために、夫に内緒でFX投資を行っている専業主婦の人も中にはいると思います。完全に無税の範囲を脱することなく取引をしていれば問題ないのでしょうが、万が一大きな利益を出して扶養家族の枠が外れてしまった場合には、金銭的な負担が増えるだけでなく、夫にも知られるところとなって信頼関係にも大きなひびが入りかねません。内緒の投資は後から大きな問題になることも少なくないのです。

スポンサードリンク


関連記事

FX確定申告と国民健康保険
FX取引で利益が出た場合、確定申告することによって翌年の国民組健康保険の料金がアップすることがあります。これは、国民健康保険料の計算が前年度の収入をもとにして...
夫婦が共同でFX取引を行う場合のコツ
夫がサラリーマンで妻が専業主婦。そんな夫婦が共同の趣味や副業としてFX取引を行うことは珍しくありません。しかし、妻が専業主婦であるということは、夫の扶養家族に...
FX税制の変更
2013年からFX税制が変更されていることはご存知ですか? 2011年分所得までは、FXで出した利益や損失については、店頭での取引とネットなどの取引所取引とで...
繰越控除はどこまで可能か
2012年分からガラリとかわってしまったFX税制。それまでネットFXなど取引所取引しか行っていない人なら、これまでと確定申告もまったく同じなので問題ありません...
FX取引の経費とは
FX取引においては、取引にかかった必要経費を、最終的な利益から相殺することができます。100万円の利益を出し、そのうち必要経費に10万円かかっていたとすると、...
FX取引で無税?
「FX取引で利益が出たけれど、利益が20万円以内だから税金がかからない」 と思い込んでいる人は少なくありません。確かに、FX取引による利益が20万円以下の場合...
サラリーマンでもFXの利益に課税されることがある
サラリーマンとして勤務先から給与所得を得ている場合には、FX取引によって利益を出した場合でも、その利益の金額が年間20万円を超えない限りは確定申告する必要はあ...
専業主婦のFX取引で気を付ける点
確定申告の季節になると、毎年決まって「妻が扶養家族から外れてしまった!」という悲鳴があちこちから聞こえてきます。サラリーマンとして給与所得をもらっている夫の扶...
確定申告で節税対策はできるか?
FX取引の才能がある人なら、それだけを専業にしている専業トレーダーに転身する人も少なくありません。専業トレーダーになると、FX取引で得たすべての収入も損失も、...
税制の変更によるメリット
これまでは、FX取引の税制によって、いろいろな節税を強いられてきた人も多いのではないでしょうか。2012年分からの確定申告では、FX取引による税制が大きく変更...