FX 失敗

投資戦略をコロコロ変えない

投資戦略をコロコロ変えない

FXの投資戦略を「ポジションを買ってから、売るまで」のサイクルでわけると、「超短期、短期、中期、長期」などが考えられます。

超短期に分類されるのは、数秒~数十秒で取引が終わるスキャルピングや、ポジションを翌日に持ち越さないデイトレードなど。数日~数ヶ月で、状況に応じてポジションを決済するスイングトレードや、数年といった単位でポジションを持ち続ける方法もあります。

投資戦略はコロコロ変えない

どの方法を選ぶのが良いかは、一概に言えませんが、一度決めた投資戦略はコロコロ変えるべきではありません。なぜならば、戦略をコロコロ変えていたら「自分に合っているのか、いないのか」がわからない、ということが1つ。

そして、スキャルピングやデイトレードに向いている通貨と、長期保有に向いている通貨には違いがあるということが、もう1つの理由です。こういった取引手法は「数銭~数十銭の値動きのタイミングを捉えて、効率よく売買する」ことが大切です。そうすると「すぐにポジションが決済できる通貨のほうがよく、流動性の低い通貨は向いていない」「値動きが頻繁にある通貨のほうが向いている」ということになります。

一方で、ポジションを長期保有して、スワップポイントを受け取り、利益を上げていくための通貨は、政策金利が高く、値動きがあまり不安定でない通貨のほうが、好ましいのです。あまりにも値動きが激しい通貨は、安心して長期保有することができません。

複数の戦略を準備する

「1人の投資家は、1つの戦略しかとってはいけない」という決まりはありませんので、複数の戦略を考えても良いでしょう。その場合も「この通貨はこの戦略で」と決めたなら、およそ半年~1年くらいは、方針を変えずに落ち着いてFXに取り組みましょう。

スポンサードリンク


関連記事

どんなに勉強しても「し過ぎる」ことはない
私はFXを始めるにあたって、人生でこんなに勉強したことはないというくらい、勉強しました。学生時代の勉強と違って「自分のお金を有効に使う」ための勉強ですから、非...
為替レートが動く理由を知る
FXを始める人が、必ず耳にするのが「経済指標の発表」で相場の値動きが起こるということでしょう。しかし、「全て勉強して、相場の値動きを予測しよう」としても、無理...
自分の投資ルールは徹底する
FXの世界には、デイトレード、スキャルピングから、スイングトレード、ポジションの長期保有など、様々な手法がありますが、一度決めたトレード方法は、コロコロ変える...
投資戦略をコロコロ変えない
FXの投資戦略を「ポジションを買ってから、売るまで」のサイクルでわけると、「超短期、短期、中期、長期」などが考えられます。 超短期に分類されるのは、数秒~数十...
分散投資が大切
FXはポジションを売買するタイミングを、全て自分で決めることができます。逆に言えば「自分で決めなければ、いつまでも売買できない」ということです。初心者のうちは...
FXの目的をはっきりさせよう
私が友達に「FXをやっている」と話すと、「私もやってみたい!」っていう人、「なんだか難しそうだし、怖そう」っていう人、いろいろな人がいます。私は「まず、FXで...
余剰資金でのFXが有利な理由
FXに限ったことではないのですが「投資をするお金は、失っても生活に困らないお金余剰資金を使いなさい」と言われます。1つの理由は「今日、明日に必要な生活資金を、...
シンプルな方法のほうが頼れる
田口智隆さんの著書「お金が貯まらない人の悪い習慣39」をご存知でしょうか? この本によると「シンプルな投資手法を使う人のほうが、勝てる」そうです。OLやサラリ...
初心者向きの通貨選びは?
FXを始めたばかりの方は「できるだけ、スムーズに取引ができる通貨」を選ぶべきです。「スムーズに」というのは、「流動性が高くて、売買したいと思ったときに、すぐで...
無料で情報収集するには?
FXで利益を上げるなら「大きく損をしない」ことです。損をしないためには「相場が暴落する兆候はないか?」「相場に影響を与えるような要人発言などがなかったか?」を...