FX 失敗

ダブルトップ、ダブルボトムとは

ダブルトップ、ダブルボトムとは

相場が上昇していても、永遠に上昇が続くことはありません。どこかで「天井」を迎えて、下落に転じることになります。上昇を続けていた相場がいったんは反落した後、再び上昇し反落するというパターンが出現することがあります。

この時、ちょうど「W」を逆さにしたような山型が出現し、2つの山型がほぼ同じ価格を示すか、二つ目の山が最初の山より低い山になるケースが多いです。つまり「前の高値を更新できない」という状況です。

この2つの現象から、相場を上昇させる力が弱まり、トレンドが下落に変化するという傾向を読み取ることができます。なお2つの山に挟まれた谷間の価格を通って、水平に引いた線をネックラインといます。相場のトレンドを予想するのに「ネックラインを超えて相場が下落していくなら、相場のトレンドが変わっている」「ネックラインで相場が押し戻されるようなら、天井には達していない」といった判断ができます。

相場が上昇から下落に転じるときだけではなく、下落から上昇に転じるときにも、Wの形が現れることがあり「ダブルボトム」と呼ばれます。相場が下落して息、谷が2つできる形を描いた後で、相場の上昇に転じることが多いです。

ダブルボトムの2つの谷に挟まれた山を通って、水平に引いたラインをネックラインと呼びます。ネックラインを超えて相場が上昇していくようなら、相場は下落から上昇に転じたと見て良いでしょう。しかしネックラインを突き抜けて上昇することができないならば、上昇トレンドにのったとは言えないことになります。

ダブルトップ、ダブルボトムは「チャートを見る」という経験を積んでいけば、見つけられるようになります。ただ「相場が反転する際に、こういうパターンが出やすい」とは言えますが、相場の値動きを「完璧に」予測することは、どんな優れた投資家にも不可能です。

1つのパターンだけで相場を判断するのではなく、他の指標も併せて使っていくことが必要です。また、自分の判断を過信しすぎず「予想とは違う値動きをした場合」に備えることが大切。FX初心者の方ほど「予想が外れた場合」の備えをして、資産を失わないように心がけてほしいのですが「そこまで手が回らなかった」「考えすぎて、投資チャンスを逃した」という方は意外と多いです。

スポンサードリンク


関連記事

ダブルトップ、ダブルボトムとは
相場が上昇していても、永遠に上昇が続くことはありません。どこかで「天井」を迎えて、下落に転じることになります。上昇を続けていた相場がいったんは反落した後、再び...
トレンド系指標とオシレーター系指標
投資家が、相場の値動きを分析するために使う指標として、トレンド系指標とオシレーター系指標というものがあります。 トレンド系指標トレンド追従型指標とは、トレンド...
RSIとは?
ギリシャ問題、スペイン問題などに大きな動きがあるかどうか、投資家たちが見極めようとする間は、レンジ相場が続くと考えられました。ただ、レンジ相場といっても「1つ...
逆張りとは?
2012年3月、AIJ投資顧問が、厚生年金基金などから預かった年金資産を、「逆張り」の手法で運用し、結果的に多額の損失を出したという問題が起こりました。とはい...
日銀金融政策決定会合とは?
アメリカのFOMCや、ユーロ圏のECB政策理事会のような存在は、日本の中央銀行である「日本銀行」にもあります。日銀金融政策決定会合といいます。原則として月に2...
ECBとは?
ギリシャ問題に関係して、ECB要人発言に注目が集まりました。「ECBとしては、ギリシャがユーロに残留することを希望する」という発言が大きく取り上げられ、一方で...
FOMCとは?
各国が金融政策を発表する時期が来ると、FX市場はそれに応じて動き出すことになります。FXの世界は「米ドル」を中心に動いているといっても過言ではなく、アメリカの...
「頭と尻尾はくれてやれ」とは?
投資の世界には様々な格言があり、「頭と尻尾はくれてやれ」というのも、その1つです。FXで勝つためには「底値で買って高値で売る」ということが理想ですが、1円、1...
PIIGSって何?
PIIGSという言葉を聞いたことがありますか?なんだか「PIG=豚」を連想しませんか?実はこれ、ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインの五カ国...
レバレッジ規制とは?
レバレッジをかけて取引ができることは、FXのメリットでもありますが、使い方を間違えると大損を被るというリスクの高いものでもあります。2010年8月1日から、各...