FX 失敗

トレンド系指標とオシレーター系指標

トレンド系指標とオシレーター系指標

投資家が、相場の値動きを分析するために使う指標として、トレンド系指標とオシレーター系指標というものがあります。

トレンド系指標トレンド追従型指標とは、トレンドの方向を判断するための指標です。現在の相場の値動きを表したものと言えばわかりやすいでしょうか。一方のオシレーター系指標というのは「相場が反転しそうかどうか」を判断するための指標です。

FXを始めたばかりの方は、このような用語を聞いただけで「なんだか難しそう」と考えてしまいがちです。確かにこれらの文字を読んでいるだけでは、イメージが沸きづらいですよね。そこで1つ、試していただきたいことがあります。

まずローソク足を開いてみて「一番最近の安値」「一番最近の高値」に注目してください。そしてそこを通るように水辺の線を引いてみましょう。そうすると「相場が最近の安値を割り込んで、下落していきそう」「相場が最近の高値を超えて上昇していきそう」「この二本の線の範囲ないで、まだまだ推移しそう」など、何らかの感想が生まれるかもしれません。

相場の値動きを予想するのに、これだけだと少し心もとないという気がしてきます。トレンド系指標やオシレーター系指標というのは「これから相場がどう動きそうか」を予想するための道具なので、うまく使いこなすと、とても便利な道具です。

FX本や雑誌などを読むと、たくさんの指標が紹介されていて「これを全部、使いこなせなければいけないの?」と不安になる方も多いでしょうが、全部をおぼえてからFXを始めようとすると、時間ばかりかかって、いつまでも投資することができません。

ローソク足の見方や、サポート、レジスタンスの引き方、移動平均線の見方、RSIなどいくつかのオシレーター系指標の見方をおぼえたら、少額ずつでも投資してみる。あるいはデモトレードを利用して、投資の経験を積んでいくのも有効な方法です。

スポンサードリンク


関連記事

ダブルトップ、ダブルボトムとは
相場が上昇していても、永遠に上昇が続くことはありません。どこかで「天井」を迎えて、下落に転じることになります。上昇を続けていた相場がいったんは反落した後、再び...
トレンド系指標とオシレーター系指標
投資家が、相場の値動きを分析するために使う指標として、トレンド系指標とオシレーター系指標というものがあります。 トレンド系指標トレンド追従型指標とは、トレンド...
RSIとは?
ギリシャ問題、スペイン問題などに大きな動きがあるかどうか、投資家たちが見極めようとする間は、レンジ相場が続くと考えられました。ただ、レンジ相場といっても「1つ...
逆張りとは?
2012年3月、AIJ投資顧問が、厚生年金基金などから預かった年金資産を、「逆張り」の手法で運用し、結果的に多額の損失を出したという問題が起こりました。とはい...
日銀金融政策決定会合とは?
アメリカのFOMCや、ユーロ圏のECB政策理事会のような存在は、日本の中央銀行である「日本銀行」にもあります。日銀金融政策決定会合といいます。原則として月に2...
ECBとは?
ギリシャ問題に関係して、ECB要人発言に注目が集まりました。「ECBとしては、ギリシャがユーロに残留することを希望する」という発言が大きく取り上げられ、一方で...
FOMCとは?
各国が金融政策を発表する時期が来ると、FX市場はそれに応じて動き出すことになります。FXの世界は「米ドル」を中心に動いているといっても過言ではなく、アメリカの...
「頭と尻尾はくれてやれ」とは?
投資の世界には様々な格言があり、「頭と尻尾はくれてやれ」というのも、その1つです。FXで勝つためには「底値で買って高値で売る」ということが理想ですが、1円、1...
PIIGSって何?
PIIGSという言葉を聞いたことがありますか?なんだか「PIG=豚」を連想しませんか?実はこれ、ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインの五カ国...
レバレッジ規制とは?
レバレッジをかけて取引ができることは、FXのメリットでもありますが、使い方を間違えると大損を被るというリスクの高いものでもあります。2010年8月1日から、各...