FX 失敗

FOMCとは?

FOMCとは?

各国が金融政策を発表する時期が来ると、FX市場はそれに応じて動き出すことになります。FXの世界は「米ドル」を中心に動いているといっても過言ではなく、アメリカの金融政策や経済指標の発表は、相場の値動きに大きな影響を与えるのです。

アメリカにはFOMCという機関があります。「Federal Open Market Committee」を略したもので、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。日本の「日銀金融政策決定会合」にあたり、アメリカの金融政策について、FOMCの年8回の会合で話し合われ、決定されます。

FOMCが開かれるのは、基本的に6週間毎の火曜日とされており、通貨の供給量の調整、政策金利の今後、為替レートの誘導方針が決定されます。この会合から3週間後に、FOMC議事録が公表されることになっています。

また、FOMCの開催2週間前には「ベージュブック米地区連銀景況報告」が公表されます。FOMCでの議論は、ベージュブックがもとになりますので、この発表からFOMCの開催、さらにFOMC議事録の公表という流れとなります。

FOMC議事録に書かれている金融政策が、市場の予想と違っている場合、FX市場が大きく動くことになります。予想通りだったばあいには、FX市場がすぐに反応することはないかもしれません。しかし、次に開かれるFOMCに向けて「FOMC声明文」には注目が集まるのです。

このように、FOMC関係の動きというのは世界の投資家が注目しています。私たち日本の個人投資家が、FOMCに関する一連の動き、発表の内容などを知りたいならば、積極的に経済・海外ニュースなどを読みに行くようにしなければなりません。サプライズな発表内容が含まれていれば、私たちは損失を出さないように行動しなければなりません。

幸いにして、FOMCの開催時期や議事録の発表時期などは決まっていますので「何かサプライズがあっても、相場の値動きに反応できない」と思うときは、あえて投資を控えるというのも有効な方法です。

スポンサードリンク


関連記事

ダブルトップ、ダブルボトムとは
相場が上昇していても、永遠に上昇が続くことはありません。どこかで「天井」を迎えて、下落に転じることになります。上昇を続けていた相場がいったんは反落した後、再び...
トレンド系指標とオシレーター系指標
投資家が、相場の値動きを分析するために使う指標として、トレンド系指標とオシレーター系指標というものがあります。 トレンド系指標トレンド追従型指標とは、トレンド...
RSIとは?
ギリシャ問題、スペイン問題などに大きな動きがあるかどうか、投資家たちが見極めようとする間は、レンジ相場が続くと考えられました。ただ、レンジ相場といっても「1つ...
逆張りとは?
2012年3月、AIJ投資顧問が、厚生年金基金などから預かった年金資産を、「逆張り」の手法で運用し、結果的に多額の損失を出したという問題が起こりました。とはい...
日銀金融政策決定会合とは?
アメリカのFOMCや、ユーロ圏のECB政策理事会のような存在は、日本の中央銀行である「日本銀行」にもあります。日銀金融政策決定会合といいます。原則として月に2...
ECBとは?
ギリシャ問題に関係して、ECB要人発言に注目が集まりました。「ECBとしては、ギリシャがユーロに残留することを希望する」という発言が大きく取り上げられ、一方で...
FOMCとは?
各国が金融政策を発表する時期が来ると、FX市場はそれに応じて動き出すことになります。FXの世界は「米ドル」を中心に動いているといっても過言ではなく、アメリカの...
「頭と尻尾はくれてやれ」とは?
投資の世界には様々な格言があり、「頭と尻尾はくれてやれ」というのも、その1つです。FXで勝つためには「底値で買って高値で売る」ということが理想ですが、1円、1...
PIIGSって何?
PIIGSという言葉を聞いたことがありますか?なんだか「PIG=豚」を連想しませんか?実はこれ、ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインの五カ国...
レバレッジ規制とは?
レバレッジをかけて取引ができることは、FXのメリットでもありますが、使い方を間違えると大損を被るというリスクの高いものでもあります。2010年8月1日から、各...