FX 失敗

外貨預金は手数料が高い

外貨預金は手数料が高い

最近は、外貨預金を扱う金融機関が増えて、銀行からのダイレクトメールを目にする機会も多くなりました。外貨に限らず「銀行に預ける」ことのメリットは「お金が守られる、安心感がある」ということです。

しかし、「投資」という側面から見ると、銀行への外貨預金は手数料がかなり高く、効率の良さは感じられません。そして日本円で200万円分の外貨を預金するには当然ながら200万円がかかってしまいます。でも、FXならばレバレッジという仕組みがありますので、もっと安い元手で200万円分の取引をすることができます。

外貨預金にはないFXのメリット

FXでレバレッジを1倍にして取引をした場合、為替レートの変動があっても、得られる利益や被る損失に関しては、外貨預金の場合と同じ感覚になります。しかし、FXにはスワップポイントを受け取ることができる、というメリットがあります。スワップポイントとは、各国通貨の政策金利の差から生まれるもので、外貨預金にはないメリットです。

さらに、レバレッジを1倍にしたままだと、損失を出しても膨らみすぎてしまう心配がありません。このようにFXには外貨預金にないメリットがあり、手数料も安いので、同じく外貨に投資するならば、「FXのほうが向いている」とも考えられます。

為替レートの変動に注意

ただし、長期間、外貨を保有している間には、その通貨が流通している国で、政情不安、戦争、あるいは経済状態の変化など、様々な出来事が起こる可能性もあります。すると為替レートが変動して、投資した外貨の資産価値が目減りしてしまうということも考えられます

FXにしろ、外貨預金にしろ「外貨を保有する」ならば、為替レートの変動については、注意を払っておかないといけません。「為替レートが下がりそう」と思ったら、思い切って外貨を手放す決断も大事でしょう。そういった為替レートを予測する方法を日ごろから積極的に勉強しておきたいです。

スポンサードリンク


関連記事

外貨預金の感覚でFXに挑戦
「FX」と「外貨預金」はどう違うのしょうか?一見、金利の低い日本円を日本の銀行に預金しておくより、外国通貨に投資する感覚の外貨預金の方が、メリットが大きいよう...
外貨預金は手数料が高い
最近は、外貨預金を扱う金融機関が増えて、銀行からのダイレクトメールを目にする機会も多くなりました。外貨に限らず「銀行に預ける」ことのメリットは「お金が守られる...
「外貨を持つ」ことの意味を考える
私たちには「日本円さえ持っていればいい」「外国へ出かけるなら両替してから行けばいい」という考えがどこかにあるかもしれません。でも「初めから外貨を持っておく」こ...