FX 失敗

外貨預金の感覚でFXに挑戦

外貨預金の感覚でFXに挑戦

「FX」と「外貨預金」はどう違うのしょうか?一見、金利の低い日本円を日本の銀行に預金しておくより、外国通貨に投資する感覚の外貨預金の方が、メリットが大きいように見えますが、外貨「預金」は投資とは違って「お金を預けているだけ」です。そのため「外貨が流通している国の財政破綻が起こって為替レートが0円になった」というケース以外は、預金者の資産が0円になることはありません。

FXは「投資」

一方で、FXは「投資」です。「証拠金」を預け入れて、それを元手に外貨に「投資」をします。株取引でも、投資をした会社が経営破綻をした場合には、投資家のお金が戻ってくることはありません。FXは株取引とは少し仕組みが違いますが、「投資」である以上は、預け入れた証拠金を目減りさせてしまう、場合によっては損失を膨らませてしまう、という可能性も考えなければなりません。

では「FXより外貨預金のほうが安全なのか?」というと、そうでもなかったりします。FXにも業者によるマージンコールやロスカットという仕組みがあって、損失が膨らみすぎないようになっています。また、投資家が「損失を出しそうになったら決済する=ストップロスを設定する」という方法で損失を回避することができます。

外貨預金は得られる「安心」が少ない

また、日本の銀行に日本円を預ける場合と違って、外貨預金は元本保証の金融商品ではありません。私たちが銀行にお金を預けるのは「安心」が欲しい、という理由が大きいですが、外貨預金では得られる「安心」が少なくて困ります。

FX投資で成功している人の中に「外貨預金をするような感覚で、FXに投資する」という方もいます。FXには「毎日取引をしなければならない」という決まりはないので、金利のいい通貨を選んで投資できれば、外貨預金よりずっと利益は大きいです。ただし「どの外貨が預金感覚のFXに向いているか」は、しっかり選ぶ必要があります。

スポンサードリンク


関連記事

外貨預金の感覚でFXに挑戦
「FX」と「外貨預金」はどう違うのしょうか?一見、金利の低い日本円を日本の銀行に預金しておくより、外国通貨に投資する感覚の外貨預金の方が、メリットが大きいよう...
外貨預金は手数料が高い
最近は、外貨預金を扱う金融機関が増えて、銀行からのダイレクトメールを目にする機会も多くなりました。外貨に限らず「銀行に預ける」ことのメリットは「お金が守られる...
「外貨を持つ」ことの意味を考える
私たちには「日本円さえ持っていればいい」「外国へ出かけるなら両替してから行けばいい」という考えがどこかにあるかもしれません。でも「初めから外貨を持っておく」こ...