FX 失敗

RSIをスキャルピングに活用

RSIをスキャルピングに活用

RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「相対力指数」と訳されるこのRSIは、為替相場が現在「買われ過ぎ」の状態なのか、あるいは「売られ過ぎ」の状態なのかを見極めるために使われるオシレーター系テクニカルチャート。

過去の一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅と下げ幅の合計(絶対値)を足した数字で割るという計算方法で求めることができ、0%から100%の間で推移します。つまり、為替相場の上昇が続けばRSIの値は100%に近付き、逆に下落が続けば値は0%に近付く、というわけです。

少しの値動きを狙って利幅を狙うスキャルピングでは、ちょっとした為替レートの動きもチャンスととらえなければなりません。為替は短期間に同じような範囲で値動きをしますが、その周期は大体一定だと言われています。

この値動きを読むことができれば、スキャルピングのみならずFXトレードで勝つことができるわけですが、この周期と売買のタイミングをつかむためにRSIは非常に有効的なのです。RSI値が上昇を続けているときにはそろそろ下がるのと判断できますし、逆に下落が続いていて小さいときにはそろそろ上がると判断することができるからです。

スキャルピング向けRSI活用

では具体的に、RSIをスキャルピングに活用するにはどうすればよいのでしょうか。まず、RSIは70を過ぎると買われ過ぎで天井が近く売りサイン、逆に30を切ると売られ過ぎで底が近い買いサインだと考えておきましょう。

RSIが70~80を超えてきたら逆張りの売り、30~20を割り込んできたら逆張りの買いとなります。売られ過ぎ買われ過ぎの範囲から反転してその水準を抜けたときには、より確実な売り買いのサインだと考えてよいでしょう。こうしたRSIのサインを見逃さずに上手に活用することができれば、スキャルピングにおいても勝率を上げることができるはずです。

RSIのデメリットは?

しかしながら、大きな上昇トレンドの初期の局面では、RSIが急激に上昇したあともまだ上昇を続ける、あるいは高値圏に滞留する。逆に大きな下降トレンドの初期局面で20以下に滞留する、といった現象が起きやすいというデメリットもRSIにはあります。

こうした場合にはRSIのサインに従って売買しても相場が反転せず、ポジションが踏み上げられてしまうことも。少ない利鞘を狙うスキャルピングでは、こうした点にも注意が必要です。

スポンサードリンク


関連記事

スキャルピングは勝率が重要
デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要...
RCIをスキャルピングに活用
スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation In...
エントリーと同時に逆指値を入れる
スキャルピングでは、1回のトレードで得られる利益が小さいため、トレードを重ねて利益を大きくする必要があります。しかし、ロスカットの設定をあいまいにしていたり適...
長い足のトレンド方向にエントリー
小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしま...
ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用
スキャルピングで勝率を上げるためには、ボリンジャーバンドを活用することもかなり有効的です。ボリンジャーバンドとは、John Bollinger氏が開発したテク...
RSIをスキャルピングに活用
RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「...
MACDをスキャルピングに活用
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」...
平均足をスキャルピングに活用
平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均...
ストキャスティクスをスキャルピングに活用
ストキャスティクスとは、1950年代にジョージ・レイン氏によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーター系指標の特徴である「売られ過ぎ・買わ...
スキャルピング向けの証券会社 GMOクリック証券
ここ数年、自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンなどでFXトレードを楽しむ人が増えたことに伴って、FXを扱う証券会社や専業の業者がその数を増やしています。ど...