FX 失敗

長い足のトレンド方向にエントリー

長い足のトレンド方向にエントリー

小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしまうという方も多いのだとか。

しかし、このように思いつきやカンに頼ってエントリーをしていると、当然のことながら勝ちをどんどん減らしてしまい、資産を増やすどころか減らしてしまうことにつながりかねません・・・。

こうしたことにならないためには、きちんとトレンドを把握しておくことがとても大切。スキャルピングではついつい忘れてしまいがちな日足や時間足をしっかりと見ておくことが、勝ちにつながるからです。

トレンドを意識して長い足のトレンド方向にエントリー

スキャルピングの基本は、トレンドに逆らわない「順張り」。そのため、利益を得るためには大きなトレンドを意識し、長い足のトレンド方向にエントリーすることがセオリーです。特に初心者ほど、トレンドに逆らったエントリーをするのは避けたほうが無難。長い足での順張り、短い足での逆張りが基本的なトレード方法だと覚えておくようにしましょう。

とはいえ、長い足といってもどのように見ればよいのかわからないかもしれません。まずは1時間の足の方向性を見極めることから始めてみましょう。ここで1時間足に方向性が出ていれば、1分足や5分足・15分足といった短い時間の足を使って、うまくエントリーすることができるようになります。

今はエントリーすべきとき?と迷ってしまったら、分足だけでなく長い足を見てトレンド方向にエントリーするようにすればよいのです。こうしておくことで、ポジションとは逆の方向に動けば、早めの損切りで損失もしっかりと減らすことができるようになります。

初心者は短い分足に目が行きがち

このように足を見るとなると、スキャルピングではついついとても短い分足に目が行ってしまいがちだと思います。しかし分足だけ見ていてもここまでのトレンドがどうなのか、ということまではなかなか把握しきれないものです。

そのため、まずは長い足を見ておかなければならないのです。短い足というのはあくまでも長い足の中の短い足である、ということを忘れないようにしておけば、自然と短い足だけでなく長い足もきちんと確認ができるようになるでしょう。

利益を得て、なおかつ損失を最小限に抑えるためには、必ず大きなトレンドを確認したうえで長い足のトレンド方向にエントリーすること。自分の読みが当たるはず!とトレンドに逆らうようなエントリーは、初心者のうちは控えるように心がけてください。

スポンサードリンク


関連記事

スキャルピングは勝率が重要
デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要...
RCIをスキャルピングに活用
スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation In...
エントリーと同時に逆指値を入れる
スキャルピングでは、1回のトレードで得られる利益が小さいため、トレードを重ねて利益を大きくする必要があります。しかし、ロスカットの設定をあいまいにしていたり適...
長い足のトレンド方向にエントリー
小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしま...
ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用
スキャルピングで勝率を上げるためには、ボリンジャーバンドを活用することもかなり有効的です。ボリンジャーバンドとは、John Bollinger氏が開発したテク...
RSIをスキャルピングに活用
RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「...
MACDをスキャルピングに活用
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」...
平均足をスキャルピングに活用
平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均...
ストキャスティクスをスキャルピングに活用
ストキャスティクスとは、1950年代にジョージ・レイン氏によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーター系指標の特徴である「売られ過ぎ・買わ...
スキャルピング向けの証券会社 GMOクリック証券
ここ数年、自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンなどでFXトレードを楽しむ人が増えたことに伴って、FXを扱う証券会社や専業の業者がその数を増やしています。ど...