FX 失敗

平均足をスキャルピングに活用

平均足をスキャルピングに活用

平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均足は、ローソク足を修正したもの。

平均足は、実体と呼ばれる長方形が1本前の平均値から始まり最新の足の平均値で終わります。1本前の足の平均値を引き継ぐため、上昇時の足である陽線と下降時の足である陰線が連続しやすくなります。

一般的にチャートでは、相場が上昇するときの平均足の実体を青色、下降するときの色を赤色で表すことが多いのですが、青い実体の平均足が連続しているときは上昇傾向、逆に赤い実体の平均足が連続しているときは下降傾向と判断できます。

平均足はトレンドの方向を把握しやすい

「この表示では普通のローソク足とあまり変わらないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ローソク足のチャートと平均足のチャートとを見比べてみると平均足のチャートのほうが、トレンドの方向がより見やすくなっているということに気づかれるかと思います。同じ色が続くため、トレンドの変わり目が分かりやすいのです。

ローソク足チャートでは陰線と陽線が入れ替わっているため、トレンドの変わり目だと思ってあわててトレードをし、「だまし」にあって悔しい思いをした、という経験のある方には特におすすめです。

この平均足をスキャルピングに活用するときには、平均足から次のようなことを読み取ることが大切です。トレンドが強いときには実体は長くなる傾向があり、逆に弱いときには実体が短くなる傾向があります。

つまり長い実体で同じ色が続いている時には、波に乗れば良いトレードができるということになります。また前の足よりも実体が短いときは、トレンドが代わる前兆であることが多いので、実体の長さもきちんと注意して見ておかなければなりません。

平均足の注意点

ただし、平均足を使ったトレードでは注意しなければならない点も。平均足は相場の流れを視覚的に見やすくしたもの。そのため、トレンドに逆らった逆張りのために使うのは避けたいところです。必ずトレンドの流れを考慮に入れて、順張りトレードで戻り売り・押し目買いを狙うために使うようにするほうが賢明です。

また、平均足の本体の価格は実際の終値とは異なっています。平均足で見たときの終値が有利な位置にあっても、実際の終値をローソク足で見てみるとレートが進んでいる、というケースが意外と多いもの。終値の位置などを正確に把握する際には、ローソク足も併用するように心がけてください。

スポンサードリンク


関連記事

スキャルピングは勝率が重要
デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要...
RCIをスキャルピングに活用
スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation In...
エントリーと同時に逆指値を入れる
スキャルピングでは、1回のトレードで得られる利益が小さいため、トレードを重ねて利益を大きくする必要があります。しかし、ロスカットの設定をあいまいにしていたり適...
長い足のトレンド方向にエントリー
小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしま...
ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用
スキャルピングで勝率を上げるためには、ボリンジャーバンドを活用することもかなり有効的です。ボリンジャーバンドとは、John Bollinger氏が開発したテク...
RSIをスキャルピングに活用
RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「...
MACDをスキャルピングに活用
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」...
平均足をスキャルピングに活用
平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均...
ストキャスティクスをスキャルピングに活用
ストキャスティクスとは、1950年代にジョージ・レイン氏によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーター系指標の特徴である「売られ過ぎ・買わ...
スキャルピング向けの証券会社 GMOクリック証券
ここ数年、自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンなどでFXトレードを楽しむ人が増えたことに伴って、FXを扱う証券会社や専業の業者がその数を増やしています。ど...