FX 失敗

MACDをスキャルピングに活用

MACDをスキャルピングに活用

「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」と訳されるテクニカル分析の一種。マックディーとも呼ばれ、トレンドが発生している場合に威力を発揮。スキャルピングにおいてもトレンド発生時にこのMACDをトレードに活用している方が大変多いと言われています。

このMACDは1979年にジェラルド・アペルによって開発された比較的新しいテクニカル分析で、基本は平均移動線と同じなのですが、より直近の値動きに敏感に反応するようになっています。つまり、平均移動線に直近の重みを持たせたライン、といった感じでしょうか。

大きなトレンドを読むのにはとにかく抜群の威力を発揮してくれるのがこのMACD。為替の動きにMACDが先行して動くという特徴があり、少しの値動きを狙ってトレードを繰り返すスキャルピングでは、とても重宝するテクニカル分析であると言えます。

MACDでトレンドの始点に乗る

MACDは基本的に2本の線で分析されることが多くなっています。1本はメインとなるMACDで、もう一本はMACDシグナルという線です。一般的にMACDがシグナルを下からから上へと突き抜けるクロスポイントは、ゴールデンクロスで買いシグナル。

逆にMACDがシグナルを上から下へ突き抜けるクロスポイントはデッドクロスで売りシグナルという見方をします。このようにMACDチャートの動きに従って為替のローソク足が上昇して、トレンドの転換をうかがうことができるようになっています。

また、MACDのゼロ地点を利用するという見方も。MACDが表示されている場所の中心部分の0地点よりもMACDが上で推移しているときは為替は上昇トレンド、逆に下で推移しているときは下落トレンドと判断することもできます。

さらに、MACDがシグナルを上抜いて買いサインが出たあとに、2本の線が0%以上のレベルになれば強い上昇トレンドを、0%以下に下がれば強い下落トレンド示していると見ることもできます。

便利なMACDだけど注意点も

このようにトレンドの転換ポイントを見つけるのに有効的なMACDですが、場合によっては相場のトレンドと逆行するダイバージェンスを起こすこともあります。MACDのダイバージェンスもほかのテクニカル指標と同様、相場の転換を暗示し天底の出現を示唆する可能性が高いサインだと言われています。安心して頼り切るのではなく、きちんと相場の動きを確認しながらトレードを進めていかなければなりません。

スポンサードリンク


関連記事

スキャルピングは勝率が重要
デイトレードの中でも、利幅を狙って短時間で売買を繰り返す手法であるスキャルピング。このスキャルピングできちんと利益を確保していくためには、どのようなことが重要...
RCIをスキャルピングに活用
スキャルピングで有効的な指標はいろいろとありますが、中でも多くのトレーダーが活用しているのがRCIです。このRCIとは「Rank Correlation In...
エントリーと同時に逆指値を入れる
スキャルピングでは、1回のトレードで得られる利益が小さいため、トレードを重ねて利益を大きくする必要があります。しかし、ロスカットの設定をあいまいにしていたり適...
長い足のトレンド方向にエントリー
小さな利益をコツコツと積み重ねていくスキャルピング。長くても数分間、短いときは数秒の取引となることもある短時間勝負のため、意外とカンに頼ってエントリーしてしま...
ボリンジャーバンドをスキャルピングに活用
スキャルピングで勝率を上げるためには、ボリンジャーバンドを活用することもかなり有効的です。ボリンジャーバンドとは、John Bollinger氏が開発したテク...
RSIをスキャルピングに活用
RSI「The Relative Strength Index」は、FXトレードで使用されるテクニカルチャートの中でも、最もポピュラーなものの一つ。日本語で「...
MACDをスキャルピングに活用
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」略してMACDは、「移動平均・収束拡散トレード法」...
平均足をスキャルピングに活用
平均足は、トレンドの方向を判断するためによく使われるテクニカル指標です。その計算方法はさまざまですが、どれもトレンドをとらえることを目的としています。この平均...
ストキャスティクスをスキャルピングに活用
ストキャスティクスとは、1950年代にジョージ・レイン氏によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーター系指標の特徴である「売られ過ぎ・買わ...
スキャルピング向けの証券会社 GMOクリック証券
ここ数年、自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンなどでFXトレードを楽しむ人が増えたことに伴って、FXを扱う証券会社や専業の業者がその数を増やしています。ど...