FX 失敗

ハイレバレッジが失敗につながる理由

ハイレバレッジが失敗につながる理由

FXの人気が高まった理由として「少額の投資資金で始められる」ということがありますが、これはレバレッジと言う仕組みがあるからです。レバレッジには「てこ」という意味があります。「てこ」は、小さな力を出すだけで、大きな効果を上げることができますよね?

FXにおけるレバレッジとは「証拠金に何倍の倍率をかけて運用するか」の倍率を意味する言葉です。たとえば「1米ドル=100円」のとき、1万米ドルを取引したいならば、100万円が必要です。しかしながら、証拠金10万円にレバレッジ10倍をかけて取引をすることが可能なのがFXという世界です。この場合10万円の元手で取引を始められることになります。

高いレバレッジをかけると損失も多額

ただ、高いレバレッジをかけて運営することで、損失を被った場合も多額にのぼってしまいます。たとえば50万円の元手に20倍のレバレッジをかけて、10万米ドルを取引しているとします。すると相場が「1米ドル=100円」から「1米ドル=99円」に下がったときには、一気に10万円を失い、元手の50万円に対して大きな損失を被ることになるのです。

そもそも、レバレッジという仕組みは「為替レートは1日に何十円も動くものではない」ということから、数銭~数十銭の値動きでも投資家が利益を上げられるように、と設けられた仕組みです。レバレッジを1倍にしておけば最もリスクを抑えられるのですが、それではせっかくFXに挑戦する意味がないとも言えます。

身の丈に合ったレバレッジ設定

世の中は何が起こるかわからないとはいえ、たとえば米ドルが10円も20円も動いてしまうときというのは限られています。そのときのために、しっかりした備えをしておけば、レバレッジをかけることが「全ていけない」わけではありません。

OLやサラリーマンといった本業を持っている方は、落ち着いてこなせる程度のレバレッジに抑えて取引をすることで、利益を上げることが可能になってきます。

スポンサードリンク


関連記事

損小利大を実践することの難しさ
「損小利大」は、投資家なら誰でも実践すべき、投資で勝ち残るための鉄則ですが、それだけだと漠然としていて「具体的にどのくらい損を小さくすれば?」「利益ってどのく...
初心者が相場を読むことの難しさ
FXの世界では、さまざまなチャートが開発され、投資判断に役立つ指標が広まっています。道具はそろっているにもかかわらず、なぜ損をする人が出てしまうのでしょうか?...
レンジ相場を抜けるとき
ギリシャ問題や、アメリカや日本による為替介入が行われるかどうか、様子を見る投資家が増えていることで、円・ドル相場、円・ユーロ相場ともにレンジ相場が続いています...
取引中のリスクにはどんなものが?
FXにある程度慣れてきた方が気になるのは「為替変動リスク」です。為替レートが予想通りに動いてくれればいいのですが、予想と違う動きをしたときには、損失を被ってし...
マイナー通貨に潜むワナとは?
FXの特徴として「日本にいながら、様々な国の通貨に投資できる」ということがあります。アメリカドル、ユーロ、ポンド・・・など、FX業者が取り扱う通貨の種類は増え...
ハイレバレッジが失敗につながる理由
FXの人気が高まった理由として「少額の投資資金で始められる」ということがありますが、これはレバレッジと言う仕組みがあるからです。レバレッジには「てこ」という意...
売買回数は多すぎない?
FX初心者が陥りがちな失敗として「とにかく売買をしていないと落ち着かない」「投資チャンスには全部乗らなければ気がすまない」ということがあります。ただ、投資の世...
ナンピンの落とし穴
FXだけに限らず「投資」に興味のある方なら「ナンピン」という言葉を聞いたことがあるでしょう。先に結論を書くと、ナンピンは株取引ではうまくいくこともありますが、...