FX 失敗

指値注文を間違えて大損

指値注文を間違えて大損

FXを続けていく上で、多かれ少なかれ誰もが経験するのが「人為的ミス、ヒューマンエラー」です。FXの世界では「逆指値注文を入れてリスクを限定しておく」という手法が知られていますが、「指値注文と逆指値注文を間違えた」というケースはかなり多いです。

たとえば「1ドル=80円」のとき、急上昇しそうな気配があったとします。90円前後の値をつけた時点で1万ドルを購入しますレバレッジは1倍としておきます。急上昇した場合には急下降をすることも多いのが相場というもので、「1ドル=85円」で逆指値注文を出すところまでは多くの人が考えつくでしょう。

ところが、このとき「1ドル=85円」で指値売り注文を出してしまったとしたら、あっという間に売れてしまいます。相場が上がり続けているのにもかかわらず、このような人為的ミスで損失を出してしまうということが実際に起こりうるのです。

日常的に起こる人為的ミス

この他にも、指値注文を出す際に価格の設定を間違える、ポジションの数量を間違える、といった人為的ミスが起こりえます。1万通貨の取引しかしたことがない人が、ミスによって10万通貨を購入してしまった場合、値動きの激しさが後押しして冷静な判断ができなくなります。

こうしたミスに気づいたら、出来るだけ早いタイミングで「可能なら注文は取り消す」「間違って買ったポジションは決済する」べきです。焦ってナンピンしようとしたり、相場の回復を待ったりしても、初心者が陥るのと同じような「希望的観測に従ったために大損してしまった」というパターンになるのが目に見えているからです。

軽く考えていると痛い目に遭う

思わぬ失敗を防ぐためには、普段から「できるならミスはしない」よう心がけます。「私だけは大丈夫」「ミスする人は弛んでいるだけ」など、他人事だと思っていると本当に痛い目に遭います。初心者のうちは、全ての操作を慎重に、丁寧に行いますが、数か月~1年ほど経って慣れてきたときほど気をつけなければいけません。

スポンサードリンク


関連記事

自動売買プログラム(EA・システムトレード)で失敗する理由
自動売買プログラム(EA・システムトレード)は、ポジションの購入や決済をあらかじめ設定された条件に従い自動的に行ってくれる利便性の高いツールで、「自動売買プロ...
エントリーと決済のタイミングで明確なルールがない
FXは「いつポジションを保有しても、いつ決済しても良い」というメリットがありますが、これは裏を返せば「エントリーと決済のタイミングを自分で決めなければ、投資が...
FX商材・ツールの難点やデメリット
「これさえ読めばFX初心者でもあっという間に数十万円の利益!」「このツールさえあればパソコンに任せっきりでトレードができる」といった、聞こえのいいFX商材やツ...
根拠のない自信と勘で投資することの危うさ
「相場が動く」のには理由があります。その理由を分析することで、単なる「勘」に頼ったトレードより、大幅に勝率を上げることができます。 しかし実際には、サイコロを...
利益確定がうまくできない
FXで上手く稼げていない人は「希望的観測」にしばられ過ぎて失敗をします。利益確定の場面で「もっと相場が上昇するのでは?」と思ってポジションを保有し続け、結局は...
考えなしにポジションを持ってしまう危険
投資を続けていくと「勘」が養われていきます。「なんとなく相場が上がりそうだ」と思ったらそうなった。「そろそろ買われ過ぎのサインが出そうだ」と思ったらそうなった...
楽観視して相場が戻ってこずにストップロス
FXで失敗する人はやりがちですが「今は相場が下がっているけれど、どうせすぐに回復するだろう」という思いから、ポジションを手放さずに損失が膨らんでいく...とい...
正しいトレンドラインがわからず疑心暗鬼になる
プロの投資家はローソク足を見るだけでも相場の大まかな動きがわかりますが、「どのくらい相場が上昇しそうか?」「どのあたりまで下落しそうか」は漠然とローソク足を見...
資金を減らすばかりの自動売買システム
自動売買システムを購入する理由の本質は「楽をしたいから」という人が多いですが、こういった考えを持つ人がFXで成功することは難しいです。 FXの世界は「誰かが利...
マニュアルどおりでは稼げない裁量トレード
「裁量トレード」とは、FX市場の値動き、予想される相場の変化などを総合的に判断して自分で投資の方針を決めてトレードしていく方法です。裁量トレードとは反対に投資...