FX 失敗

レンジ相場で失敗するパターン

レンジ相場で失敗するパターン

レンジ相場とは、相場の値動きが一定の幅で推移している状態をいいます。レンジ相場は永遠に続くわけではなく、いつかは上抜ける・下抜けるという時期がきます。たとえばレンジ相場を抜けて上昇トレンドに変わった時、ポジションを買えば、その後は利益を上げることができます。

ところが「レンジ相場から抜けそう」なサインが出ながら、再びレンジ内に戻ってしまうというパターンがあります。これは「フェイクブレイク、ダマシ上げ、ダマシ下げ」などと呼ばれています。それだけならよいのですが、最初にブレイクした方向とは逆の方向にブレイクする場合が多いので注意が必要です。

フェイクブレイクのリスク

特にフェイクブレイクが1回だけではなく、2回、3回と続くとなると、デイトレードなど短期にポジションを売買する人、あるいはハイレバレッジで取引をしている人にとっては、たまったものではありません。

このフェイクブレイクが続いた場合「1回目のフェイクブレイクでの損失を取り戻そう」と、焦ってポジションを買えば、二度目、三度目のフェイクブレイクで損失を拡大する、という可能性も出てきます。また、フェイクブレイクが二度、三度と起こった場合には、投資家たちが「その後のトレンド」を判断しづらく、相場の値動きが思わぬ方向に進んでしまうこともあります。

レンジ相場は判断が難しい

レンジ相場からのブレイクが、フェイクブレイクかどうかは、残念ながらリアルタイムで知る方法がありません。また、1回で終わるかどうかも「後から振り返って初めてわかる」ということになります。これは「投資家の心の動き」にも左右されることですので、いくらチャートを分析しても、経済情勢をもとに判断しようとしても、リアルタイムに判断することが難しいです。

とはいえ、レンジ相場を抜ける瞬間は投資チャンスであることに間違いはありません。そのチャンスをすべて棒に振るのも惜しいですが、フェイクブレイクのリスクを知った上で投資をしなければ、大変な損失を抱えてしまいます。

スポンサードリンク


関連記事

自動売買プログラム(EA・システムトレード)で失敗する理由
自動売買プログラム(EA・システムトレード)は、ポジションの購入や決済をあらかじめ設定された条件に従い自動的に行ってくれる利便性の高いツールで、「自動売買プロ...
エントリーと決済のタイミングで明確なルールがない
FXは「いつポジションを保有しても、いつ決済しても良い」というメリットがありますが、これは裏を返せば「エントリーと決済のタイミングを自分で決めなければ、投資が...
FX商材・ツールの難点やデメリット
「これさえ読めばFX初心者でもあっという間に数十万円の利益!」「このツールさえあればパソコンに任せっきりでトレードができる」といった、聞こえのいいFX商材やツ...
根拠のない自信と勘で投資することの危うさ
「相場が動く」のには理由があります。その理由を分析することで、単なる「勘」に頼ったトレードより、大幅に勝率を上げることができます。 しかし実際には、サイコロを...
利益確定がうまくできない
FXで上手く稼げていない人は「希望的観測」にしばられ過ぎて失敗をします。利益確定の場面で「もっと相場が上昇するのでは?」と思ってポジションを保有し続け、結局は...
考えなしにポジションを持ってしまう危険
投資を続けていくと「勘」が養われていきます。「なんとなく相場が上がりそうだ」と思ったらそうなった。「そろそろ買われ過ぎのサインが出そうだ」と思ったらそうなった...
楽観視して相場が戻ってこずにストップロス
FXで失敗する人はやりがちですが「今は相場が下がっているけれど、どうせすぐに回復するだろう」という思いから、ポジションを手放さずに損失が膨らんでいく...とい...
正しいトレンドラインがわからず疑心暗鬼になる
プロの投資家はローソク足を見るだけでも相場の大まかな動きがわかりますが、「どのくらい相場が上昇しそうか?」「どのあたりまで下落しそうか」は漠然とローソク足を見...
資金を減らすばかりの自動売買システム
自動売買システムを購入する理由の本質は「楽をしたいから」という人が多いですが、こういった考えを持つ人がFXで成功することは難しいです。 FXの世界は「誰かが利...
マニュアルどおりでは稼げない裁量トレード
「裁量トレード」とは、FX市場の値動き、予想される相場の変化などを総合的に判断して自分で投資の方針を決めてトレードしていく方法です。裁量トレードとは反対に投資...