FX 失敗

デモ口座とリアル口座では雲泥の差がある

デモ口座とリアル口座では雲泥の差がある

FXに興味はあるけれど、いきなりお金を使って挑戦するのは怖い。そんな人のために開かれているのがデモ口座です。仮想マネーを使って現実のFXに近い取引を体験できますが、注意するべき点もあります。

デモ口座では数百万円単位の資金が利用できるようになっていて、相場が少し動いただけで数万円単位の利益を上げることができます。リアル口座でも数百万円を入金できるならば、同じような取引ができるかもしれませんが、そんな人は少ないはずです。

「デモ」と「リアル」で大きく違ってくる感覚

また、損切りに対する感覚もまるで違ってきます。仮想マネーを損切りするのは自分の懐が痛むわけではないのでためらいなくできる人が多いです。しかし、リアル口座で自分のお金を使っていると、なかなか損切ができない人が多いのが現状です。

たとえは悪いのですが「遊びで使っている子ども銀行のお札」「本物のお札」をシュレッダーにかけるように言われたとき、やはり後者のほうが抵抗があるでしょう。デモ口座とリアル口座での損切りというのは、感覚としてそれくらい大きな違いがあります。

もう一つの注意点は「約定のスピード」です。デモ口座の場合は自社内のデータを書き換えるだけで約定したように見せかけるため、スピードが速いですが、リアル口座では実際の取引を行うことになるため、約定するまでのスピードは遅くなります。

デモ口座とリアル口座には雲泥の差

「FXを知らない人がデモ口座をためしてみる」「その業者の取引画面などを見てみたいのでデモ口座を使ってみる」ことを否定はしませんが、実際のリアル口座での取引はデモ口座と雲泥の違いがあることを意識しておくべきです。

「デモ口座での取引で勝つことができた」ことがすなわち「リアル取引での勝ちにつながる」わけではなく、デモ口座の成功だけで調子に乗ってしまうとリアル口座では大きな損失を出すことにつながりかねません。

スポンサードリンク


関連記事

自動売買プログラム(EA・システムトレード)で失敗する理由
自動売買プログラム(EA・システムトレード)は、ポジションの購入や決済をあらかじめ設定された条件に従い自動的に行ってくれる利便性の高いツールで、「自動売買プロ...
エントリーと決済のタイミングで明確なルールがない
FXは「いつポジションを保有しても、いつ決済しても良い」というメリットがありますが、これは裏を返せば「エントリーと決済のタイミングを自分で決めなければ、投資が...
FX商材・ツールの難点やデメリット
「これさえ読めばFX初心者でもあっという間に数十万円の利益!」「このツールさえあればパソコンに任せっきりでトレードができる」といった、聞こえのいいFX商材やツ...
根拠のない自信と勘で投資することの危うさ
「相場が動く」のには理由があります。その理由を分析することで、単なる「勘」に頼ったトレードより、大幅に勝率を上げることができます。 しかし実際には、サイコロを...
利益確定がうまくできない
FXで上手く稼げていない人は「希望的観測」にしばられ過ぎて失敗をします。利益確定の場面で「もっと相場が上昇するのでは?」と思ってポジションを保有し続け、結局は...
考えなしにポジションを持ってしまう危険
投資を続けていくと「勘」が養われていきます。「なんとなく相場が上がりそうだ」と思ったらそうなった。「そろそろ買われ過ぎのサインが出そうだ」と思ったらそうなった...
楽観視して相場が戻ってこずにストップロス
FXで失敗する人はやりがちですが「今は相場が下がっているけれど、どうせすぐに回復するだろう」という思いから、ポジションを手放さずに損失が膨らんでいく...とい...
正しいトレンドラインがわからず疑心暗鬼になる
プロの投資家はローソク足を見るだけでも相場の大まかな動きがわかりますが、「どのくらい相場が上昇しそうか?」「どのあたりまで下落しそうか」は漠然とローソク足を見...
資金を減らすばかりの自動売買システム
自動売買システムを購入する理由の本質は「楽をしたいから」という人が多いですが、こういった考えを持つ人がFXで成功することは難しいです。 FXの世界は「誰かが利...
マニュアルどおりでは稼げない裁量トレード
「裁量トレード」とは、FX市場の値動き、予想される相場の変化などを総合的に判断して自分で投資の方針を決めてトレードしていく方法です。裁量トレードとは反対に投資...