FX 失敗

FXで失敗しない通貨選び

FXで失敗しない通貨選び

FXの世界に入ったばかりの人は「どの通貨が儲かるのか?」「危ない通貨はどれなのか?」という点で迷いが生じやすいですが、「どんな投資生活を送りたいか」によって選ぶべき通貨は変わってきます。

「ドル」「ユーロ」のような流通量の多い通貨は、ほとんどのFX会社で扱っています。そして、流通量の多い通貨ならば「決済したいときに買い手がつかず、決済できない」ということは、まずありません。

しかし、「トルコリラ」や「南アフリカランド」などのマイナー通貨については、売買している投資家の数が少ないだけに「売りたいときに売れない」というリスクがついて回ります。そのため、デイトレードやスキャルピングで利益を上げていきたい人には向かない通貨です。

ドルやユーロは初心者でもとっつきやすい通貨ですが、相場が動いた場合でも値幅があまり大きくないという面があります。短時間で大きく値が動く通貨のほうがデイトレードでは有利になり、その場合にはイギリス・ポンドなどがお勧めになります。

ただ、ポンドに関する情報を得るには、一般的なニュースをただ読んでいるだけではなく、イギリスの経済情報を自ら積極的に読みに行く必要があります。そのため、本業を持ちながら短時間だけ投資をしたいという人は気をつけないといけません。

ポジションを長期に保有してスワップを受け取りたいならば、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルなどの資源国通貨や、経済成長が著しいとして注目を集めているトルコリラや南アフリカランドが適していますが、先に書いたように「売りたいと思ったタイミングで売れない」というリスクがつきまといます。

以上のように「まず、どんな投資生活を送りたいか」ということを決めて、それに合う通貨を選ぶ必要があります。そして、どんな通貨を選んだ場合でも、情報収集を怠らず、危険な兆候を見逃さないで投資をするという姿勢が大切です。

スポンサードリンク


関連記事

自動売買プログラム(EA・システムトレード)で失敗する理由
自動売買プログラム(EA・システムトレード)は、ポジションの購入や決済をあらかじめ設定された条件に従い自動的に行ってくれる利便性の高いツールで、「自動売買プロ...
エントリーと決済のタイミングで明確なルールがない
FXは「いつポジションを保有しても、いつ決済しても良い」というメリットがありますが、これは裏を返せば「エントリーと決済のタイミングを自分で決めなければ、投資が...
FX商材・ツールの難点やデメリット
「これさえ読めばFX初心者でもあっという間に数十万円の利益!」「このツールさえあればパソコンに任せっきりでトレードができる」といった、聞こえのいいFX商材やツ...
根拠のない自信と勘で投資することの危うさ
「相場が動く」のには理由があります。その理由を分析することで、単なる「勘」に頼ったトレードより、大幅に勝率を上げることができます。 しかし実際には、サイコロを...
利益確定がうまくできない
FXで上手く稼げていない人は「希望的観測」にしばられ過ぎて失敗をします。利益確定の場面で「もっと相場が上昇するのでは?」と思ってポジションを保有し続け、結局は...
考えなしにポジションを持ってしまう危険
投資を続けていくと「勘」が養われていきます。「なんとなく相場が上がりそうだ」と思ったらそうなった。「そろそろ買われ過ぎのサインが出そうだ」と思ったらそうなった...
楽観視して相場が戻ってこずにストップロス
FXで失敗する人はやりがちですが「今は相場が下がっているけれど、どうせすぐに回復するだろう」という思いから、ポジションを手放さずに損失が膨らんでいく...とい...
正しいトレンドラインがわからず疑心暗鬼になる
プロの投資家はローソク足を見るだけでも相場の大まかな動きがわかりますが、「どのくらい相場が上昇しそうか?」「どのあたりまで下落しそうか」は漠然とローソク足を見...
資金を減らすばかりの自動売買システム
自動売買システムを購入する理由の本質は「楽をしたいから」という人が多いですが、こういった考えを持つ人がFXで成功することは難しいです。 FXの世界は「誰かが利...
マニュアルどおりでは稼げない裁量トレード
「裁量トレード」とは、FX市場の値動き、予想される相場の変化などを総合的に判断して自分で投資の方針を決めてトレードしていく方法です。裁量トレードとは反対に投資...